2013年01月23日

愛媛でも食べられる安納芋

 吉田ゼミナールでは、毎年、この時期になると、焼き芋で大忙し。

 四国、徳島には鳴門金時という有名なサツマイモがあり、鳴門に行くと定食のなかにはいっていたり、サツマイモを使ったお菓子がいろいろと売られている。また、スーパーやコンビニでも、この鳴門金時の焼き芋が売られている。
 
 先日、知人から鳴門金時をいただき、恒例の焼き芋にしてみました。


CIMG2683.JPG 



 やはり、甘みもあり、色もしっかりしているし、ホクホクしてなかなかのもの。有名なのもわかる気がする。焼き芋もさることながら、このサツマイモでスイートポテトを作ったらきっとおいしいんだろうと思う。


 数日後、スーパーで安納芋の焼き芋を見かけたので、買ってみた。鳴門金時より繊維が多いが、甘さはちょっと違う。

 甘さそのものより、同じサツマイモでありながら、なんだか表現方法が違う。それぞれにおいしく、比較するものではないように思う。


CIMG2709.JPG



 その後、生の安納芋が手に入り、今度は自分たちで焼いてみた。包むホイルも焼き芋専用を用意し、レンジで焼きながら、出来上がるまでワクワク

CIMG2705.JPG


 やはり、みつでいっぱい。ちょっと触ってみても、手にみつがつく。

 割ってみても、やはり、期待を裏切らない。この独特な食感がはまる理由なのだと思う。

CIMG2730.JPG

CIMG2731.JPG

 毎年、吉田ゼミナールでは、あれがおいしい、これがおいしいと焼き芋談義で冬が過ぎる。


 吉田ゼミナールのネット講義は、こんな会社から講義を配信しています。

看護師国家試験ネット予備校.jpg
posted by shina at 14:24| Comment(0) | 愛媛県