2013年01月25日

吉田ゼミナールの隣町

今回は今治の隣町、松山をご紹介します。

といっても、松山は愛媛県の中心、以前は、愛媛といえば松山、道後温泉、坊ちゃん、俳句王国くらいしか知られていなかった。愛媛の印象は、坊ちゃんのなかで印象付けられたのか、テレビで取り上げられても、のんびりした空気が流れていると思われているような気がする。

松山駅に行く用があったので、この機会に、松山を紹介してみます。

CIMG3757.JPG

駅を降りると、まず、句碑が目に留まる。まさしく俳句の町らしく、俳句の句碑は駅以外でもよく見かける。松山の人は俳句を楽しむらしく、確かに俳句ポストもよく見かける。

CIMG3755.JPG


CIMG3754.JPG

路面電車が走っているのも有名です。子どもの頃は電車が路面を走るのは普通だと思っていたが、電車は車と隣りあわせで走る野は全国でもめずらしいらしい。時々、車が電車の路線内に入ったまま立ち往生し、電車に警笛を鳴らされる、松山ではときどき見かける。


電車は一部、ぼっちゃん列車が走っている。これは蒸気機関車のような形で、ちょっと風流、ですが、終点まで行くと回転ができないため人力で方向転換をする。なかなか見る機会がないが、場所によっては見ることができる。

坊ちゃん列車に乗る機会があったが、外から見るほどいいものではなく、ただ周囲から見られているっていう感じしか記憶にない。

今回は、坊ちゃん電車を運営されている伊予鉄道の坊ちゃん電車の写真、ちょっとお借りしていました。

topime.jpg


吉田ゼミナールのネット講義はこんな電車も走る愛媛から配信しています。

看護師国家試験ネット予備校.jpg
posted by shina at 09:26| Comment(0) | 愛媛県