2013年06月27日

今治の祭り、おんまく花火大会

どこの町でも夏になると、花火大会がありますが、ここ今治でも、8月の第一週目の土、日曜日にはおんまく祭りがあります。おんまくとは、「思いっきり」とか「めいっぱい」とかいう意味らしいのですが、実際に今治でおんまく・・・という言葉を使っている人に出会うことはありません。

ただし、夏になると、「おんまくに行く?」とか「おんまくに出る?」とか言葉が飛び交います。四国では、高知のよさこい祭りや徳島の阿波踊り、それから、松山の野球拳などが有名です。が、今治だって結構、いけてます。おんまく祭りでは、バリダンスが披露されます。これは、インドネシアのバリではありません、イマバリのバリを文字って、バリダンスが作られたのです。そこでは、子どもも大人も一緒に連を作って踊るのです。

で、フィナーレは、花火大会、つまり、おんまく花火大会です。今回は、ちょっと今治市の広報の写真をお借りしました。
onnmakl.jpg

今年の花火大会は、8月4日、夜8時から約1時間掛けて約9000発の花火が打ち上げられそうです。昨年の来場者数は21万人とか、今治市の人口は20万人、ほとんどの人が参加した、または、市外の人も随分参加していただいたという計算になるんでしょうね。花火は、近くで見ると視覚で楽しむというより体で感じることができ、わくわくするものがありますよね。


6~7月は、暑くてしんどくって何もする気にならないくらいヘトヘトの時期ですが、8月が近づくと、花火大会が楽しみで、ちょっと暑さも和らぐのは私だけでしょうか。

吉田ゼミナールのネット講義はこんな祭りもある今治から配信しています。
看護師国家試験ネット予備校.jpg
posted by shina at 20:54| Comment(0) | 愛媛県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: