2012年05月09日

四万十川

 吉田ゼミナールがある今治から2時間近く車で移動すると、高知に入る。
 高知は、今、「リョウマの休日」のイベント? をしている。確かに連休も大勢の人が高知城に訪れていた。

 高知城や日曜市も高知らしいが、今回は、最も高知らしい、四万十川をご紹介。
 
CIMG3278.JPG


 四万十川は全長196km、四万十川は、実は、「渡川」が本来の正式名称らしい、が、渡川は誰も知らない。おまけに、河口付近には「後川」が流れているが、渡川と同様に、ほとんど知られていない。
CIMG3279.JPG


CIMG3280.JPG
 

以前、四万十川のほとりでキャンプをしたことがある。その日は台風直後で、水量も多く、ちょっと怖さを感じる水の音だった。こんな雨量が多くて水かさが増した時には、沈下橋の上を水が流れる。天気のいい日の沈下橋は人や車も通って、まさに生活道路である。
 
が、台風時などは、川に欄干があると上流から流れてきた流木やごみがひっかかり、橋を壊してしまう、これを防ぐために、沈下橋が存在する。現にキャンプをした時も、沈下橋の上を水は容赦なく流れていた。

四万十川は日本最後の清流と言われているが、大量の雨が降ると、おだやかな風景も一転する川でもある。

CIMG3281.JPG
 

 沈下橋は何か所かあるが、さらに上流に行ったところに、十和村がある。道の駅とうわの近くには、鯉のぼりの川渡しを見ることができる。どうも、十和は鯉のぼりの川渡し流しの発祥の地らしく、年々観光客が増えているらしい。

CIMG3306.JPG
 
 
 「四万十川は日本最後の清流と言われ、何も手を加えてないように言われているが、少しずつ土もえぐられ蛇行している風景がかわってきている」、と地元で育った人に聞いたことがある。

59.jpg


吉田ゼミナールがあるとなりの県では、こんな風景が見られます。

看護師国家試験ネット予備校.jpg
posted by shina at 19:59| Comment(0) | 高知県